2015年10月06日

大星山ヒルクライム

大星山 2.jpg

大星山HCに参加してきましたわーい(嬉しい顔)

年代別の参加です。

今年の4月に一度試走した時、
「あ〜、キツイ山じゃぁ」
って思ったのが第一印象やったあせあせ(飛び散る汗)

確か後半の4kmが…
今までのオイラならグイグイ押して行けるレベルなんだけど今のオイラにはそんな力、自信はないです。

走るメンバーを見たら石堂君やクラスは違うけど法政大の相本君の名前もある。
要チェックです。

コースは全長8km。  半分はアッダウンで半分は約7〜8%の勾配が続きます。
スタートして二人の選手が行きます(一人は石油王)
それに石堂君が続いてオイラがその後ろを走ります。
一度広い道路に出てアップダウンの道路に入ります。
そこで伊藤さんが先頭…  そしてオイラ…
150mくらい走ってオイラが先頭…
後ろは石堂君。

何度か登ったり下ったりした所でいきなり後ろから相本君がスパートダッシュ(走り出すさま)

えっexclamation&question 何で?どうして?
スタートクラスがオイラの後ろのはず…
まさか追いついて来たとか…   いや、それはないやろexclamation

そう 彼、間違えてオイラ達のクラスで走ってました

だけどここは無理してでも付いて行きます。
苦しいけどこんなんでヘバったりはしません。
直ぐ後ろに付いて走るけどオイラのペースと少し違う。  少し遅い…

って、彼ブトってました
後ろから見たらお尻はふっくら…  足も絞れてない…  
まぁ、就活で忙しかったんやろう

みんなが通る道
これから社会人だから

後半登りがきつくなるからそれまでは力をセーブして走りました。

いよいよ登りが始まってダンシングしたらリアのスプロケットが山越しするがく〜(落胆した顔)
ん?て感じ…
色々ギアを変えてみると21,23,25が山越しする。
ガチャガチャ言いながら走るし、山越しするからリアが滑る感じ
ヤベェよ   マジヤベェよexclamation

途中の公園のところでペースを落として色々ギアを掛ける。
シッティングで21、23ならなんとか大丈夫みたい。  25は立っても座っても山越しする。
一緒に走ってた二人にはうるさくて集中力が切れたんじゃぁないかな…

ごめんねあせあせ(飛び散る汗)

登りに入って石堂君、相本君とオイラの三人…
始めに相本君が遅れるあせあせ(飛び散る汗)
少し信じれんかった。

ずっとオイラが引っ張る…
ペースは遅い。
石堂君を引かせて力を使わせようと思って早歩きくらいのペースに落として前に行かせようとするけど横に出るので精一杯の様子…
ふと後ろを見るとすぐそこまで伊藤さんが来てるじゃぁないのexclamation&question
待ってもよかったけど石堂君と最後まで行ったら絶対負けるあせあせ(飛び散る汗)って分かってたから少しペースを上げて逃げの作戦に出た。

ホントはもっと苦しめて、

「この人には勝てん」

って言うのを植え付けるつもりやったけど…

それから後ろばかり見て一定の間隔で走った。
バイクの人からタイム差を教えてもらってたからだいたいわかってたわーい(嬉しい顔)

やけど半年ぶりのレースはキツかったです
楽じゃぁなかった


大星山 3.jpg



来年は記録も狙って強くなって戻ってきたいです


大星山.jpg

取りあえず閉会式が終わるまで会場におって14時過ぎから次の日に行われる椿ヶ鼻HCのために大分県の日田に向かった車(RV)ダッシュ(走り出すさま)

4時間…

マジで疲れて夕食はドカ食いやった

椿ヶ鼻HCレポートはまた書きますペン
posted by 麻羅観音 at 08:28| 山口 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: